IPQトップページルーターの設定方法  ›

ルーターの設定方法

ヘアピンNATについて

■ヘアピンNATとは
NAPTや静的NAT設定を行なっている状態で、ルーターのLAN側から、NAPT/静的NAT設定しているグローバルIPアドレスにアクセスした際に、LAN側に転送を行う機能です。NATループバック、IPループバックなどと呼ばれる場合もあります。

この機能を持たないルーターでは、LAN側からサーバーにグローバルIPアドレスでアクセスする際にLAN側に転送されず、サーバーと通信ができなくなります。
この場合、hostsファイルの編集や内部用DNSサーバーを用意するといった方法を用い、LAN内部に存在するドメイン宛のアクセスはプライベートIPアドレスで行うといった方法を取る必要がありますが、ヘアピンNAT機能を持ったルーターを使うことで、外部からと同じく、グローバルIPアドレスで目的のサーバーに内部からもアクセスすることが可能です。

現在、機種ごとではなくメーカーによって対応状況が異なります。

●対応メーカー
YAMAHA
PLANEX
Logitec
Linksys

○非対応メーカー
BUFFALO
IODATA
コレガ
NEC
住友電工ネットワークス

 

google apps for work x RAT 開発に集中したいすべての人へ CloudPowerのPaasソリューション
ドメイン事前予約 ドメインマーケット
固定IP接続回線16個 月額9,800円
 
ページのトップへ