IPQトップページルーターの設定方法  ›

ルーターの設定方法

住友電工ネットワークス製ルーターの設定例

この記事ではNTTからレンタルされるルーターで、そのうちRV-230SE、RV-S340SEといった型番の最後がSEとなる、住友電工ネットワークス製のルーターを対象とします。

なお、ひかり電話対応ルーターでは、Unnumbered接続の設定は1つのみご利用いただけます。Unnumbered接続が必要となる、複数固定IPアドレスを2つ以上同時にご利用の場合は、別途ルーターの追加が必要となります。


■固定IP2個の場合
割り当ての固定IPアドレス:A.B.C.0〜A.B.C.1
ルーターのLAN側IPアドレス:192.168.1.1/24
公開するサーバー:192.168.1.2(A.B.C.0) TCPの20番〜443番まで
                  192.168.1.3(A.B.C.1) 全て
外部へはA.B.C.0でアクセスする。
---
1. 「基本設定」→「接続先設定」→「メインセッション」
[IPアドレス]
IPアドレスの自動取得 IPアドレスの手動設定※1
IPアドレス           A.B.C.0

※1 Unnumberedにしないこと

2. 「詳細設定」→「静的NAT設定」→「エントリ編集」
☆1台目
  エントリ番号          1
  優先順位              1
  接続インタフェース名  メインセッション
  宛先IPアドレス        192.168.1.2
  変換対象IPアドレス    IPアドレス指定 A.B.C.0
  変換対象プロトコル    TCP
  変換対象ポート        21-443 (←利用するポートの範囲を指定)
☆2台目
  エントリ番号          2
  優先順位              2
  接続インタフェース名  メインセッション
  宛先IPアドレス        192.168.1.3
  変換対象IPアドレス    IPアドレス指定 A.B.C.1
  変換対象プロトコル    全プロトコル(共有)
  変換対象ポート        未記入

 

google apps for work x RAT 開発に集中したいすべての人へ CloudPowerのPaasソリューション
ドメイン事前予約 ドメインマーケット
固定IP接続回線16個 月額9,800円
 
ページのトップへ